東   慶   寺
 北条時宗の眠る円覚寺と鎌倉街道を挟んで向かい側にある東慶寺は、時宗夫人覚山志道尼の墓所であります。時宗が没して翌年の弘安8年(1285年)に覚山尼が創建しました。
 ここ東慶寺は、縁切寺、駆込寺で知られている古刹ですが、この「縁切寺法」を定め、勅許を得たのはやはり覚山尼でした。
円覚寺から見た東慶寺の全景です 「妻が三下り半・・・」と言うと現代社会では想像もつきませんが、武家封建社会では、夫は三下り半で簡単に妻を離縁することが出来ましたが、妻からの離婚の請求は一切許されませんでした。 そこで不幸な結婚に悩む女性に離婚の権利を与えようとしたのが「縁切寺法」です。夫と別れたい妻が東慶寺に入り、三年間修行をすれば離婚が成立すると言うものでした


 松ヶ丘男の意地をつぶすとこ
  相州と雲州は嫁の会者定離
 

と川柳にも詠われておりますが、実際には、寺の役割は離婚の促進ではなく、当人同士の話し合いの場を設けることにあり、離婚に至るケースより復縁するほうが多かったとも言われます。今の日本の家庭裁判所の役割を果たしていたのではないでしょうか。
 そして、この縁切寺ですが、最初は尼寺なら何処でも駆け込めたのだそうですが、後に鎌倉の東慶寺と群馬の満徳寺のみとなったんだそうです。
 この「縁切寺法」は、明治6年(1873年)、女性から離婚請求が法律で認められるようになるまでの600年の長きにわたって存在し続けたんだそうです。
 この寺の正式名称は、「松岡山東慶総持禅寺(しょうこうさんとうけいそうじぜんじ)」と言います。東慶寺は、室町時代には鎌倉尼五山の第二位に列せられると言う名刹で、代々の住持には名門の息女が名を連ねたんだそうです.土地の古老は今も「松ヶ岡」と呼んでますが、それは後醍醐天皇の皇女用堂尼が五世住職になられてからこの土地の名にちなんで松ヶ丘御所と呼ばれ、それが変じて松ヶ丘と言われてるんだそうです。
 さて、ここで少し寺の歴史など紐解いて見ましょうか。先程も申しましたようにこの寺は、松岡山東慶総持禅寺(しょうこうさんとうけいそうじぜんじ)と言い、開山は北条時宗夫人の潮音院殿覚山志道尼です。そもそも北条時宗は無学祖元を開基に円覚寺を建立しましたが、この人無学祖元について出家し、夫人も一緒に尼さんになられました。普通夫人は夫がなくなると尼さんになりますが、このご夫婦は生前そろって一緒に授戒を受け、出家されたんだそうです。それは時宗公の病が重く、近々亡くなられることを覚悟しての出家だったようです。
 覚山尼は鎌倉の名門安達義景の娘で夫死亡の翌康安8年に霜月騒動と言う大騒動があり、結局、安達家が滅亡してしまったのですが、こうしたことも大きな動機ではないかとも言われます。
 時変わって、第二十代の住職に天秀法泰尼と言う方がおられました。この方は太閤秀吉の孫にあたる方で、豊臣秀頼の娘ですが、元和元年(1615年)の大阪落城で父秀頼は23歳で自害し、その男児国松は8歳で六条河原で首をはねられ処刑されました。本来なら妹も処刑したいところ、それでは不憫と徳川家康は考慮の末、尼寺で男子禁制の掟の厳しい東慶寺に預けました。ここならば男は入れず、江戸も近く、大阪の残党に担ぎ出される心配はない。とこの寺に預けたそうです。そして後に後醍醐天皇の皇女松ヶ丘御所用堂尼のやぐらです天秀尼は二十代目の住職を継ぐということになったわけです。
 さて、天秀尼は、権現様御上意、つまり徳川家康の命令で東慶寺に入寺したわけですが、東慶寺に入寺するとき「何か願いはないか」と権現様から聞かれ「自分は囚われの身ですから、たいしたことも出来ませんが、そう仰られるならば、開山よりの御寺法を断絶しないようにして頂ければ、これに過ぎたる願いは御座いません。」と答え、これが許されて江戸時代を「縁切法」が維持されたのだと言いわれます。
 では寺の中をちょっと覗いて見ますと、東慶寺はいずれにしましても女性の幸せを優先したわけですから、駆け込んで離婚するのは、その後に幸せな再婚をするためでもあったのです。嘉永2年(1849年)に駆け込んだ下総国相馬郡柴崎村名主川村家の娘たいの場合がそうでした。たいの夫は流山の酒作りの跡継ぎ息子の弥十郎でした。
 しかし、これが賭博か、女か、酒か、は分かりませんが「夫に事起る」と言うことで、兄が付き添い東慶寺に駆込み、その後、長い掛け合いの末、夫が折れて、たいの離婚が成立し、それから三年後にはたいは布施村後藤七郎兵衛の後妻になったと言われます。


    宗   派   臨済宗円覚寺派
    山号 寺号   松岡山東慶総持禅寺
    創   建   弘安八年(1285年)
    開   山   覚山志道尼
    開   基   北条 貞時
    本   尊   釈迦如来
    寺   宝   本尊木像釈迦如来像
            木像観世音菩薩立像
           (この像は尼寺太平寺の本尊だったという)