建   長   寺
鎌倉建長寺の三門です 鎌倉街道を北鎌倉から鎌倉に向かう途中に巨福呂坂(こぶくろざか)と言う切通しがあります。この巨福呂坂の北の谷戸に広がりますのが臨済宗建長寺派大本山建長寺であり、正確には「巨福山建長興国禅寺(こぶころざんけんちょうこうこくぜんじ)」と言います。鎌倉五山の第一位の禅寺であり、末寺五百ヶ寺を擁する日本で初めて建立された本格的な禅寺であります。
 建長寺は、二年の歳月をかけて準備し、建長五年(1253年)に落慶供養が行われました。開基は鎌倉幕府五代執権の北条時頼、開山には宋の高僧蘭渓道隆が迎えられました。蘭渓道隆は三十三歳の時、宋から来日し、九州、京都を経て、鎌倉入りした宋僧です。諡号を大覚禅師と言って、これはわが国最初の禅師号だそうです。
「本来の自分を失えば、すべての事柄を見失ってしまう。こころの真髄を見つければ、人生の道もみえてくる。」
と教える蘭渓道隆のもとには、一時は千人を越す修行僧が集まり、その教えも自筆の「法語規則」(国宝)として残されております。鎌倉建長寺の仏殿です
 純粋かつ厳正な禅宗の教えは鎌倉武士の質実剛健な気風と合致するものがあり、歴代北条執権の帰依が厚く、寺容は隆盛を極め、開山以下の住持も兀庵、普寧、正念や、のちの円覚寺開山の無学祖元など、多くの名僧が名を連ね、盛時には七堂伽藍、塔頭四十九院を数えたと言われます。
 寺構えは、中国径山の万寿寺の規模をまねて、三門、仏殿、法堂を直線上に並べ、左右に庫院、僧堂、浴室、西浄(便所)などを配した大陸的な伽藍配置だったそうです。
 しかし、度重なる被害により、当時の寺は消失してしまい、残ってはいないそうですが、いわゆる禅宗様伽藍配置は、現在の境内からも読み取ることが出来ます。
 伝えられる寺宝が多く、国宝の「大覚禅師墨跡(法語規則)」、「絹本淡彩蘭渓道隆像」に始まり多くの絵画、書跡、彫刻、建築が文化財に指定されております。
 建長寺では、毎年十一月三日から三日間宝物風入れが行われますが、このときが貴重な寺宝の数々を拝見できる好機であり鎌倉建長寺の紫雲閣です、そのために大勢の人々が訪れるそうです。
 境内両側の山肌には、西来庵、宝珠院、竜峰院などの塔頭が点在しております。鐘楼脇から崇山門を入った西来庵は蘭渓道隆の塔所が有りますが、ここが建長寺の座禅道場となっており、日夜厳しい修行が行われているので非公開となっております。また、この裏山は蘭渓道隆の墓である大覚禅師無縫塔(重要文化財)と建長寺五世で円覚寺開山の無学祖元塔がありますが、ここも非公開となっております。
 全域が史跡であります境内は、大変豊かな自然に包まれ、桜、さつき、紫陽花、萩などが咲きまして大変きれいです。仏殿前裁の七本の柏槇は威風堂々たる古木で、開山禅師のお手植えと伝えられております。
 余談ですが、宝珠院に、葛西善蔵が執筆のため止宿していたときのこと、方丈裏の招寿軒に賄いを頼んでいた葛西が、この茶店の娘を描き、著書「おせい」を発表したことは有名だそうです。





 宗   派   臨済宗建長寺派
 山号 寺号  巨福山建長興国禅寺
 創   建  建長五年(1253年)
 開   基  五代執権北条時頼
 開   山  蘭渓道隆(大覚禅師)
 本   尊  地蔵菩薩
 寺   宝  木造北条時頼坐像(国重文)
        大覚禅寺墨跡(国宝)

              蘭渓道隆像(絵画)
              その他