鎌  倉  五  山

 鎌倉には禅宗の寺が多くあり、鎌倉五山と言う寺格をあらわす呼び方があります。これは鎌倉の禅宗の五大官寺のことを言うのだそうです。そもそも五山の制度は、インドの五精舎にならい、中国南宋末期に五つの寺を定めたことに由来するのだそうです。禅宗の保護と統制のため、格式の高い寺五つを定めたものであります。
 この制度が日本に移入されますと、鎌倉の主な禅刹を五山と呼ぶようになりました。しかし、鎌倉幕府が滅亡すると今度は京都の寺が中心となって参ります。
 室町時代になりますと鎌倉、京都を合わせて五山が定められ、これは高寺の五箇所をいうのではなく、五段階の寺の格を表すようになったといいます。そして、住持を順次格の上の寺に昇任させる制度となっていったようです。
 しかし、その後五山の制度は度々変更されますが、至徳三年(1386年)足利義満により南禅寺を五山之上とし、鎌倉と京都にそれぞれ五山が定められました。
 鎌倉五山は、第一位が建長寺、第二位が円覚寺、第三位が寿福寺、第四位が浄智寺、第五位が浄妙寺であり、京都五山は、第一位が天竜寺、第二位が相国寺、第三位が建仁寺、第四位が東福寺、第五位が万寿寺だそうです。
 このようにして定められた五山は、時の政治、室町幕府と強く密接な関係を持つことになりました。そうなりますと当然のように僧たちは政治に活躍の場を広げ、その影響を強めていったそうです。




五     山

五 山 之 上 南 禅 寺
鎌  倉 順 位 京  都
建 長 寺 第一位 天 竜 寺
円 覚 寺 第二位 相 国 寺
寿 福 寺 第三位 建 仁 寺
浄 智 寺 第四位 東 福 寺
浄 妙 寺 第五位 万 寿 寺





 余談になりますが、室町時代には上の五山制度にならって設けられた尼五山と呼ばれる尼寺が京都、鎌倉に五ヶ寺ずつあったそうです。京都では景愛寺、通玄寺、檀林寺、護念寺、慧林寺の五寺、鎌倉では、太平寺、東慶寺、国恩寺、護法寺、禅明寺の五寺です。この起源などは定かではなくて、鎌倉尼五山は、「鎌倉年中行事」の享徳三年(1454年)には何れも揃っていたそうですが、東慶寺のほかは現在は廃寺となってます。

尼  五  山

鎌 倉 京 都
太 平 寺 景 愛 寺
東 慶 寺 通 玄 寺
国 恩 寺 檀 林 寺
護 法 寺 護  念  寺
禅 明 寺 慧 林 寺