寿   福   寺
 寿福寺は、鎌倉五山の第三位の寺格を持つ臨済宗建長寺派の古刹です。この寺の正式な寺名は、臨済宗建長寺派亀谷山金剛寿福禅寺(きこくさんこんごうじゅふくぜんじ)と言います。
 
頼朝が没した翌正治二年(1200年)に明庵栄西を迎え、北条正子が建立したと言います。元々頼朝の父義朝邸のあったところで、鎌倉入りした頼朝は当初ここに館(幕府)を建てようとしたそうですが、しかし、石橋山の合戦で功のあった岡崎義実が義朝の菩提を弔うため堂宇を建立していたため、大蔵に変更したと言う経緯があるそうです
。此処は昔奥州征伐に向かう源義朝が勝利を祈願したと言われる源氏山を背にした源氏家父祖伝来の地でもあります。
 退耕行勇や蘭渓道隆など、多くの名僧が入寺して、弘安元年頃には禅刹としての規模が整えられていたと考えられるとのことです。
 総門から中門へと続く石畳の参道は緑深い木立に囲まれて静かな佇まいです。この参道の静けさを求めて訪れる人が多いそうです。
 この寺は非公開のため、中門内への拝観は残念ですが許されませんので、中門から覗く境内は、江戸時代の再建と言う仏殿や手前に植えられた柏槇の古木が侘びた佇まいを見せております。
 栄西は、二度にわたる入宋ののち、幕府に重用された人物と言います。寿福寺には、頂相彫刻や、船酔いに苦しむ、実朝に茶の功徳を説くために献上した「喫茶養生記」の古写本が残されていると言います。
 中門脇から小道を上ると墓地が有り、その奥には山裾を利用して作られた源実朝と北条正子のやぐらがあります。また、此処には文人の墓も多く、湘南のKinも大仏次郎の墓地を見ること叶いました。



 宗   派   臨済宗建長寺派
 山号 寺号  亀谷山 金剛寿福禅寺
 創   建  正治2年(1200年)
 開   基  北条正子
 開   山  明庵栄西
 本   尊  釈迦如来
 寺   宝  木造地蔵菩薩立像(鎌倉国宝館に寄託)
        銅造薬師如来坐像

             喫茶養生記(重文)
             その他