浄   妙   寺
 当寺は稲荷山浄妙禅寺(とうかさんじょうみょうぜんじ)と号し、鎌倉五山第五位の寺格を持つ臨済宗建長寺派の古刹です。源頼朝の忠臣で豪勇の士であった足利義兼(1199年没)が文治四年(1188年)に創建し、初め極楽寺と称ました。開山は退耕行勇律師で、当初は密教系の寺院であったそうですが、建長寺開山蘭溪道隆の弟子、月峯了然が住職となってから禅刹に改め、ついで寺名も浄妙寺と改称しました。
 寺名を改称したのは正嘉年間(1257〜59年)とみられます。歴代の住持には約翁徳倹・高峰顕日・竺仙梵僊・天岸慧広など名僧が多く名を連ねております。
 足利義満が鎌倉に五山を制定した頃には、足利氏の祈願所となっており、七堂伽藍に二十三の塔頭を備える大寺でした。その後、度々の火災などの被災により漸次衰微していきました。現在は、宝暦六年(1756年)に再建された本堂と総門、客殿、庫裏、収納庫などが建っております。
 この寺の本堂の左手にある庭園は、天正年間(1573〜1591年)に僧一同が茶席を設けた喜泉庵を復興したものだと言います。杉苔を主とした美しい枯山水の庭園があります。
 このあたりの地名は、浄明寺と言い、寺名の浄妙寺と「妙」を「明」に一字替えていますが、これは大寺に畏敬の念を表わして、一字変えたのだと言うことです。
 浄妙寺の裏山にあります稲荷神社は、藤原鎌足が鎌を埋めたところと言い、此処から「鎌倉」の地名が起こったと言う説もあるそうです。
 この寺は、見所として足利貞氏の墓、開山退耕行勇坐像(重文)、梅、百日紅、方丈書院前の百株の牡丹(牡丹の見頃は四月中旬頃)で、庵で枯山水を眺めながらの抹茶など戴けるそうです。



 宗   派   臨済宗建長寺派
 山号 寺号   稲荷山浄妙禅寺
 創   建   文治四年(1188年)
 開   基   足利義兼
 開   山   退耕行勇律師
 寺   寶   木造 釈迦如来坐像
         木造 退耕行勇坐像
         木造 阿弥陀如来立像
         其の他