円   覚   寺

  円覚寺は鎌倉円覚寺の(国宝)舎利殿です、鎌倉五山第二位の寺格をもつ、臨済宗円覚寺派大本山で「瑞鹿山円覚興聖禅寺(ずいろくざんえんがくこうせいぜんじ)と言う大寺です。
 円覚寺の創建は弘安5年(1282年)でして、開基は鎌倉第八代執権北条時宗で、開山は宋から招かれ建長寺に住してた無学祖元と言われております。
 山号の瑞鹿山は円覚寺の落慶供養の日、白鹿洞から白い鹿の一群が現れ、開山無学祖元の法話に耳を傾けていたと言うことが由来と言われます。寺名の円覚は、寺院建立の工事の際に寺地(三門のところ)から「円覚経」と呼ばれる経典が納められた石櫃が発見されたことに由来するそうです。
 所在地は、JR横須賀線を東京駅から出て大船を過ぎるとまもなく北鎌倉駅に着きますが、ここで下車して北鎌倉駅正面口を出て、鎌倉街道を鎌倉に向かい左折すればまもなく街道の左側に白鷺池(びゃくろち)と言う池が見えてまいります。ここが円覚寺の入口です。白鷺池は無学祖元と北条時宗が円覚寺建立の適地を探してる時、鶴岡八幡大神が白鷺に姿を変え導いたと言う謂れがあるそうです。
 街道を左に曲がり白鷺池を過ぎ、横須賀線の踏切を越しますと総門があります。この門をくぐりますともうそこは円覚寺です。総門をくぐり、先を見ますと大きな杉木立の樹間からは壮大な山門が見え、その先には仏殿、方丈、と堂宇が縦一列に立ち並んでおります。この円覚寺の伽藍配置は宋の禅宗様式にならったものと言われております。
 円覚寺は、創建の翌年には鎌倉幕府の祈願所と定められ、盛時には七鎌倉円覚寺の三門です堂伽藍、塔頭(たっちゅう)四十二院を備えていたといわれます。
 現在の円覚寺は、寺域6万平方メートルに及び、塔頭十八を配する古刹です。塔頭と言いますのは、大寺院に属する小寺院のことだそうでして、その小寺院は各々庫裡を持ち、独立した寺院なのだそうです。しかし、今、円覚寺で公開されております塔頭はあまりなく、「仏日庵」や「黄梅院」くらいのようです。
 円覚寺の伽藍・塔頭が多いことをお話しましたが、少し詳細の説明をいたします。総門を潜り最初に見えますのが山門です。山門は三門とも言い、三解脱門の略とされ、仏殿を解脱(涅槃、つまり悟りの境地)と考えて、そこに至るために通る三つの門(空門、無想門、無作門)を意味するんだそうです。楼上には観音像や十六羅漢像などが安置され、大変重厚な構えの門です。
 洪鐘は山門の右手奥にあり、関東最大級の鐘楼で、国宝に指定されています。第九代北条貞時が、鋳物の名人物部国光に鋳造させたと言われ、鎌倉三名鐘の一つだそうです。
 選仏場は円覚寺境内の中では古い建物の一つでありまして、茅葺き屋根の古びた建物です。もともとは仏祖(真理を悟った人)を選出するための堂宇で、僧堂と経堂を兼ねた建物として元禄12年(1699年)に建立されたそうです。
 その先鎌倉三名鐘のひとつ円覚寺の鐘楼ですにあります居士林ですが、在家信者のための座禅道場で東京牛込にあった柳生家剣道道場を移築したものだそうです。これも茅葺き屋根の建物で毎週日曜日に座禅会が開かれて居るそうです。
 仏殿は禅宗様式の伽藍配置の中心に位置する建造物で、ここでは比較的新しい建築物で昭和39年(1964年)に再建されました。正式名称は大光明宝殿と言うんだそうです。本尊の釈迦如来像が安置されている堂内を拝観することが出来ます。
 方丈とは禅寺の長老などが住む建物のことで、一般の寺院では庫裡にあたるんだそうです。方丈前の庭園には無学祖元が植えたと言う柏槇の老木があり、その前には数多くの石造観音が並ぶ百観音があります。
 舎利殿は少しややこしいんですが、円覚寺境内奥に開山無学祖元の塔所で正続院と言う塔頭がありますが、ここは円覚派の雲水が全国から集まり、修行をするところなのだそうです。正続院境内に舎利殿がありますが、舎利殿は鎌倉唯一の国宝建造物でして普段は非公開です。しかし、宝物風入れのときと正月三が日だけは一般に公開されます。
 帰源院は円覚寺第38世傑翁是英の塔頭で、島崎藤村が22歳の頃二度も滞在したとか、夏目漱石が人生に悩み、ここで禅に救いを求めたり、その体験を小説「門」に一窓庵と言う名で書かれているなど、本来非公開の塔頭なのに、小説など文にだけは登場するという塔頭であります。
 円覚寺は大寺院の風格にあわせて境内の杉木立が大変立派ですが、時期、時期の花も美しく、十二月から一月の蝋梅、二月から三月の梅・椿、三月の白木蓮、三月から四月の桃、四月の牡丹・桜、六月の紫陽花、七月から八月の桔梗、九月の彼岸花、九月から十月の萩、十一月から十二月の銀杏黄葉・楓紅葉、と四季折々の花が咲き、一見に値する風情でございます。



  宗   派   臨済宗円覚寺派
  山号 寺号   瑞鹿山円覚興聖禅寺
  創   建   後庵5年(1282年)
  開   基   北条 時宗
  開   山   無学祖元(仏光国師)
  本   尊   宝冠釈迦如来
  寺   宝   本尊の木造宝冠釈迦如来は頭部が鎌倉時代の作という
          その他多数有り